最新記事

遺産分割において、遺産の分割の効力というのがあります。
遺産の分割というのは、相続開始の時にさかのぼってその効力を生じます。
ただし、第三者の権利を害することはできません。
また、遺産分割において、相続の開始後に認知されたものの価額の支払請求権というのがあります。
判例では、遺産分割により不動産の権利を取得した相続人は、登記を経なければ、分割後に権利を取得した第三者に対して、対抗することができません。
また、相続回復請求権というのがあります。
相続欠格者や本来相続人でないのに相続人を装っている者が、遺産の管理、処分を行なっている場合、相続人は遺産を取り戻すことができます。
これを相続回復請求権というようです。

none

関連記事

  • 相続回復請求権は、相続人またはその法定代理人が相続権を侵害された事実を知った時から5年間行使しないと …

    詳細はコチラ

  • 相続の承認及び放棄について詳しくみていきます。
    相続は被相続人の権利義務を相続人が承継する効果 …

    詳細はコチラ

  • 相続の承認の内容をみていきます。
    相続人が被相続人の権利義務の承継を受諾することを相続の承認と …

    詳細はコチラ